おてまいり


いつもおされな包装(ラッピングって言わないといけないのか?)で私の心は射ぬかれてしまいます。 自家製の味噌、梅干し、ジャムを頂きました。ありがとうございます。


カテゴリー: 拘り パーマリンク

コメント

  1. ichijiku-chan のコメント:
    いやいや、素敵な包装ですね♪
  2. RBCの後輩・・・・・Y のコメント:
    素晴らしい贈り物ですね。
    自家製の食品を「食」に対する味のわかる方、大切にしてくださる方に贈る・・・・これは「心」がいきいきと伝わって来ます。まるで自分までもがいただいた気持ちになります。
    いそいそと荷造り(ラッピング)なさっておられる姿が想像出来ます。
    「食」を介した平和を感じます。
  3. やまねこ のコメント:
    勉強になりました。
    包装までこだわる!受け取る側の気持ちを考える!
    あー、私にはなかった・・・。
    心配りが足りない自分に気づきました。
    ありがとうございます!
  4. zenemon のコメント:
    ichijiku-chanさんもそう思うでしょ? センスというか、感性というか、いつも開封するとうなってしまいます。 たいしたもんです。
  5. zenemon のコメント:
    RBCの後輩・・・・・Yさん こんばんは。 本当ですよね、お手間いりをありがとうございますという言葉が私は好きです。  自分で手間暇かけたものを送るってなかなか難しいと思うんです。 だから下さったときは本当に嬉しかったです。 
  6. zenemon のコメント:
    やまねこさん こんばんは。
    勉強になるでしょー?  これがホスピタリティの本道だと思います。
    京都人のおもてなしの文化とか巷では言いますが、とんでもないですね。 この方の心の詰め方にはかないません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です