つと豆腐と午房の煮染め


作ったつと豆腐と土午房を利尻昆布と良い水で焚いた。 動物性の食材は一切つかっていない。 大徳寺でも黄檗山でも大丈夫(笑)


カテゴリー: 煮物 パーマリンク

コメント

  1. mangobanapako のコメント:
    このつと豆腐、味が染みそう。「つと豆腐」初めて知りました。
    郷土料理って色んなのがあって面白いですね。
  2. zenemon のコメント:
    mangoさん こんばんは。
    北京料理が中国全土の郷土料理が集まって洗練されたように、京料理は日本の郷土料理が都に集まって洗練アレンジされたものだと言われています。使い方や作り方は地元とは微妙に違うかもしれませんがこれも文化なのでしょう。 また何か珍しいものがあれば作ってみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です