おせち投稿2022-2023  Yuさん(94-4)

<一の重>

1.車海老具足煮

2.筍旨煮

3.たたき牛蒡

4.花百合根

5.紅白膾

6. 萵苣薹青竹

7.花蓮根

8.スモークサーモン

9.海老芋含め煮

10.蟹錦糸巻

11.平目求肥巻

12.鶉丸旨煮

13.慈姑旨煮

14.栗渋皮煮

15.編笠柚子

16.黒豆

17.子持ち鮎煮浸

 
 

<二の重>

1.出汁巻

2.日の丸独活

3.金柑いくら

4.牡蠣時雨煮

5.鰻八幡巻

6.菊花蕪

7.数の子

8.蕨烏賊

9.ごまめ

10.真魚鰹西京焼き

11.地鶏付け焼と胡瓜の小串

12.梅人参

13.鰊昆布巻


すこし遅れての投稿でしたが 力作ですからここに紹介します
よく頑張って作れましたね 日の丸ウドもちゃんとできています
がんばって伊勢海老も入れてほしかったです
なぜかというと来年からSDG’sの関係でおせちに盛りやすいサイズの伊勢海老が入手ににくくなるかもしれないからです  ぜひお教えしたときに1度は全品作って記録を記憶に置き換えておいてほしいのです あとで「やっておいたら良かった」と後悔しないように
とはいえがんばりました 良い年納めができました
今年も良い年にしましょう


カテゴリー: おせち投稿2022-2023 パーマリンク

コメント

  1. まき より:

    中川さん
    明けましておめでとうございます。
    旧年中は大変お世話になりました。

    今朝は心配してiMessageをくださって
    ありがとうございました。
    出来上がったのが2時でしたので、投稿は諦めておりましたところ、投稿しなさいとおっしゃってくださった優しさに、正月一番ホロっときました。ありがとうございました。

    3日ぐらい前から、投稿時間に間に合う気がしなかったのですが、その予感も実際の結果も、
    根本的な原因は復習不足だと、初めて挑むお料理の数々、初めて使う器具(グリラーで火災探知警報を鳴らしてしましました!)にあわあわしながら、痛感しておりました。(「記録を記憶に置き換える」ことの大切さをひしひしと感じておりました!)

    出来上がったおせちを見た母は「買ってきたの?」、「食べるのがもったいない」など言いながら食べてくれましたが、味もやはり復習不足はいなめませんでした。
    食べてくれた母には感謝です。

    おせち作りに集中していると、中川さん、美風さん、麗可ちゃん、タモさんへの1年のむそう塾での学びやフォローへの感謝が込み上げてきました。仲間の顔も浮かんできました。
    そして、自分の性格も突きつけられて苦笑いしたりと。
    また、ふっと(悲観的な意味ではなく)来年も同じことができる、同じ時間を持つことができるとは限らないとハッとした気持ちになり、今過ごしているひと時ひと時の大切さに気づかされました。

    中川さんからのSDG’s関係による伊勢海老のお話や、美風さんのブログに掲載されていた「緊急5分メッセージ」などからは、どんな食材も潤沢にそろう今がいかに恵まれた状況なのか、食材への感謝の気持ちも強く持ちました。
    (伊勢海老や鮑は食べるくせに、料理前は怖くて挑めておらず申し訳ございません。)

    ほろ苦い2度目のおせち投稿となりましたが、大小さまざまな気づきがありました。
    心と物の整理整頓をして、新しい年はもっと今に集中して時間を大切に使えるようになりたいです。
    自由人2で、引き続きむそう塾で過ごす時間を持てることもとても楽しみです。

    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    • nakagawa より:

      まきさん    あけましておめでとうございます
      いろいろ思い返すことはあると思います  それを今年末に活かしましょう
      1品に10日間あります350日で全部上達できますね
      いつでも復習の相談してくださいね
      今年も宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です