鱧骨切り特訓講座の復習  Otさん(47-3)  鱧納め

鱧納め おめでとうございます 1年間よく頑張りました。
最後の最後に大ヒントがつかめましたね。 その「コレ」は本物です。
今から来シーズンが楽しみになったでしょう。
で、包丁砥ぎをして乾燥させて箱にしまったら上達は止まります。
そのためのAir骨切りです。 穴子でも鰻でもアイナメでも骨切りは可能です。
また来期 お会いしましょう。 お疲れさまでした。

よく流線が出ています 皮半分まで刃が降りていますね すばらしいです


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おたに より:

    今年もご指導ありがとうございました。
    前回で、骨切はもう終わりにしようかとも思ったのですが、ぎりぎりまでチャレンジしたことで、これかも!というヒントを得ることが出来ました。
    市場でも今日が最後の入荷という日だったので、ギリギリ間に合ってよかったです。

    あー終わったと油断して、来年まで骨切包丁を箱にしまっておこうと思っていました(汗)。シーズンオフでも練習します。来年もよろしくお願いします。

    • nakagawa より:

      おたにさん  コメントありがとうございます。
      よくがんばりましたね。
      途中心がへし折れそうになっていましたが あなたの底力で乗り切りました。
      何事にも諦めないあなたのパワーがここにも活かされました。
      鱧に鍛えてもらえましたね。
      来年はもっと楽しくなります 間違いなし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です