鱧骨切り特訓講座の復習  Suさん(113-3)

前半と後半ではっきり打ち方が違いますね。 自分で途中で気づくのは偉いです。
どうしても大きな魚体に大きな包丁だと力みがちになります。 構えてしまうんですね。
結局強く握ってしまうと骨を切っている時間が長くなってしまい「押す」動作が入るのですこしホネチクが出てきたのでしょう。 前半は刃が身をおしている音がします。
ジャッ!という音なら良いのですが じや〜〜 と聞こえます。
後半は刃のスピードが出ていましたので次は最初からこの後半の速度で刃が走るように打ってください。
とは言え身が厚く脂が乗って来る秋鱧は強敵です。 応援していますので頑張ってください。 どんな僅かな細かいことでも気になったことがったら投稿して相談してください。
iMessageでもOKです。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. キラキラ より:

    診ていただきありがとうございます。
    ご指摘通り前半は じや〜 と聞こえます。
    握りの感覚が残っているうちに ジャッ と聞こえるように。
    鱧の身が厚くなり美味しくなってきたので、上手く骨切りができるように練習します。

    • nakagawa より:

      キラキラさん  コメントありがとうございます。
      9寸組は秋鱧になっても大丈夫ですね。 自分に投資しておいてよかったですね。
      軽く10年は使えるのでお安いものです。
      いつもチリチリに砥いでおきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です