鱧骨切り特訓講座の復習  Naさん(47-3)

とにもかくにも5分を切れましたね おめでとうございます。 よく頑張りました。
5分の中にも修正点があるので早いうちに直しましょう。
まず最初、斜めに出刃を入れて引き始めて10センチも進まないところで今まで何度も失敗してあらぬところから出刃の先が出て いちばん大事な美味しい部分を傷つけています。
これはたまたまでは無く何度も見ていますのでもう癖になっています。
一刻もはやく直しましょう。 引くときの包丁の角度を見直しましょう。
骨切りは皮まで降りていません。
リズムにのって軽快に切り進むのはとても素晴らしいのですが 幅が薄かったり厚かったりすごく厚かったりしています。
あとはしっぽやカマのすぐ後の部分で骨切りできるのに切り捨てている部分が無いかチェックしておきましょう。 もっと何十ショットも練習できるかもしてません。


美味しそうにできました 一流の鱧ざくです きゅうりの厚さを一定に刻めるようになりましょう。 うまそうですねぇ。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おたに より:

    ご指導ありがとうございます。
    ご指導いただいたところ、ひとつずつ確認して改善します。
    課題沢山ですが頑張ってみます。

    • nakagawa より:

      おたにさん  コメントありがとうございます。
      一番の難関の「速さ」をクリアしたのですから あとの課題などしれたものです。
      ちょいちょいと直しましょう。 大丈夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です