鱧骨切り特訓講座の復習  Hoさん(3-3)

おろしはよくなって来ましたね 腹腔の肋骨を削ぐときに厚くならないように注意しましょう。
骨切りはようこちゃんへのアドバイスを読んで参考にできた部分があるようです。
たまにすっと薄く切れているときがあります。 厚くなったり薄くなったりミンチが飛んだりするのは包丁が定まっていないのが原因です。 再現性の高い動きができるように正しく持って力みのないショットを重ねましょう。 なぜ力みが出るのか? 薄く切らねばとおいう思いと実際に切ってみて本能的に包丁の切れが悪くて骨が残るかもという恐れからくる力みですね。 包丁砥ぎをより鋭く だんだん鱧が大きくなって骨も硬く太くなってきます。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おはる より:

    中川さん
    ご指導ありがとうございます。
    わずかでも前進できたようでホッとしています。

    薄く切れた時はどうしていたのか、
    厚い時とどう違うのか、動画をガン見して確認します。

    • nakagawa より:

      おはるさん  コメントありがとうございます。
      はい そうなんです  今は動画という強い味方がいますので使いこなして上達の助けとしましょう
      1枚でも薄く切れたら絶対に切れるようになります。
      本当に薄く来れない人は1枚も切れません。 大丈夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です