鱧骨切り特訓講座の復習  Waさん(43-2)

見事な源平焼きでしたね。流線も鮮やかに出せていました。
皮半分まで刃が降りて新鮮なうちに焼く。
当たり前のことなのですがなかなか出来ません。
よく計画して実行できています。
まずは美味しい鱧料理ができました。 いいですねぇ
ホネチクも無かったようですので骨切りは問題なし。

おろすときにまだもたつくポイントがあるのでそこを練習しましょう。
斜めに出刃を入れて骨に沿って引くところ もたつきますね。
今は85度くらいで引いていますが次回、鱧に対して65度くらいで引いてみてください。
そんなにつっかからずに引けるはずです。

次に開いて尾っぽのほうから中骨をすき取るところが苦手なようです。
出刃のグリップを鷲掴み(全握)していますが引き切りですから人差し指を伸ばして小指先行ですきとって見ましょう。 力は不要です。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ようこ より:

    中川さん
    ご指導ありがとうございます。
    骨切り問題なしのお言葉、嬉しいです。
    大きさが変わっても動作がブレないように精進します。
    平日に水洗いから料理までを計画するのはなかなかハードですが、そのために段取りを組んで、他の予定を調整したりと、逆に効率的に過ごせているように思います。

    おろしでアドバイスいただいた2点は、完全に違う方向に向かっていたところだったので、ハッとさせられました。次回に体現できるようAIRおろしをしてみます。

    • nakagawa より:

      ようこさん コメントありがとうございます。
      いいですねぇ  練習の魂に火が点きましたね 見ていて嬉しいです。
      あなたは不思議な方で 美味しい鱧料理がまずできる、それを生む骨切りができる、それをするための下処理がまだおぼつかない。
      というタイムマシンのような方なのです。
      大目的は!?   美味い鱧を喰らうこと なのです。 だから大正解なのですが下処理もついでに上手になっておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です