鱧骨切り特訓講座の復習  Hoさん(3-3)

おろすときの修正点は最初の出刃先を斜めに入れて引く動き。 これがもっとなめらかに引けるようになりましょう。
豚鼻を切る時 畑を耕すようにザクザク押し切らずによく砥げた出刃の刃で引き切りできるともっと速くなります。
骨切りは薄く切れそうになったと思ったら突然3〜4倍の厚さでどばっと切ってしまうというばらつきがあります。
これは刃のねじれと揺れが原因ですね。
あなたの刃の動きと1つ前のようこちゃんの刃の動きを見比べてみましょうたくさんのホントが隠されています。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おはる より:

    中川さん
    修正点をありがとうございます。
    自覚なしでした。
    お手本をしっかり確認します。

    骨切り、刃の揺れとねじれを見抜くよう動画を確認します。
    切り終わった鱧の身の厚さを眼で手で確認できました。

    • nakagawa より:

      おはるさん  コメントありがとうございます。
      はい 今回の動画は特に厚みのばらつきがよく見て取れました。
      薄く切れているページが1枚でもあるということは
      「その薄さで切れる技術がある」ということなのです。
      これをはっきり自覚してくださいね。 できるさ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です