鱧骨切り特訓講座の復習  Hoさん(3-3)

おろしはだんだん速くなってきましたね 豚鼻のところがもう少しスムーズになると5分に近づくでしょう。
骨切りはカメラを正面に据えて撮影できたことで驚愕の事実に気がついたというところでしょうか?  そうなんです 自分が思っているよりはるかに自分の骨切りは分厚いのです。 これに気づくところから第2章ははじまります。 おはる鱧修業もついに第2章に突入というところですね。 正面から見たときに1打ごとに違う角度違う厚みなのを改善しましょう。 徹底的に改善しましょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おはる より:

    中川さん
    ご指導ありがとうございます。

    第二章、ここからが修業の醍醐味ですので
    今やってることを確認しつつ練習します。

    • nakagawa より:

      おはるさん  コメントありがとうございます。
      いよいよ薄さにこだわるときが来ましたね。
      もう不可逆おはるでいってくださいね。
      薄く薄く切りましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です