鱧骨切り特訓講座の復習  Kiさん(124-4)

まだまだゆっくりですが 正確におろせています 少しずつ速くなっていくように心を決めておきましょう。 ゆっくりに慣れないように。
骨切りは骨を押しています。骨を押して切ってはいけません。なぜ押してはいけないのかも説明しましたね。
Air骨切りを必ず練習しましょう。 あの動きが今日の作品にはありませんでしたね。
自分で比較するとよくわかると思います。

 

 


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. Ki より:

    見ていただきありがとうございます。少しでも速く心に留めて下ろすようにします。力で押してしまっているので、一本ごとにAir骨切りでイメージを描くようにします。

    • nakagawa より:

      Kiさん  コメントありがとうございます。
      骨を押すのではなく 引き抜くときに 斬るのです ですから引き抜くときに最高速が出るように工夫練習するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。