マクロビオティック京料理教室 むそう塾  幸せコース 第13期

天麩羅  塾長手本

幸せコースの新年1回目の授業はおまちかねの天ぷらをお教えしました。
昔はベジで衣もベジで野菜ばっかり揚げていましたが、ご家族様からの強い要望も聞くのでエビや穴子も揚げられるようにお教えしています。
揚げないのと揚げられないのは違います。 ビシッとした中川式プロの天ぷらの揚げ方をお教えしました。 しっかり覚えてくださいね。
すこし覗いてみましょう

さつまいも

拍子木に切り出します 断面正方形の世界です

さつまいもの素揚げ

さぁ自分の分は自分で揚げましょう
基本の2点盛りの指導です
そんなに検温しながら揚げなくても大丈夫ですよー
熱いうちに ハフハフして召し上がれ


じゃがいもをへぎ切りして

ポテトチップスを作りましょう

ポテトチップス
エビの下処理をお教えしました
エビの下ごしらえ

左右で同じエビとは思えないでしょう
自分のエビは自分で
エビの天ぷら
試食タイム! おいしー はふはふ
三度豆の天ぷら

これが「薄衣」だ!

1人前の揚げ種です
天ぷら  塾長手本

さぁ自分の分は自分で揚げましょう
ちょっと油温低くないかな
はい 上手に盛れています
次は揚出し豆腐です
揚がっているかな? 指先で判断します

揚出し豆腐

さぁできました いただきま〜す!♬

お疲れさまでした。
揚げ物とは? という話から サクサク薄衣の天ぷらの極意をお教えしました。
一生の技術なので忘れないようにしてくださいね。
やけどに注意してお家で美味しい天ぷらを揚げましょう。
また来月京都でお会いしましょう。


カテゴリー: 料理教室むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. コロナ より:

    本日もありがとうございました。

    天麩羅を揚げるのがこんなに大変だとは思いませんでした。
    具材の切り出しから油の温度管理まで・・・
    慣れてくれば多少の余裕も生まれるかも知れませんが
    あたふたする自分の姿を容易に想像できます。

    冷め切った天麩羅でも美味しかったようです。
    記憶が鮮明なうちに復習して熱々の海老天麩羅を食べさせて
    あげたいと思います。

    • nakagawa より:

      コロナさん コメントありがとうございます。
      いつも素早いコメントありがとうございます。 気持ちがいいですね。
      天ぷらはマジで挑むとけっこうチェックポイントの多い料理ですね。
      味付けが無いから楽ちんなーんて思っているとあわあわします。
      何度か揚げると 呼吸のようなものが身に付いて大変ではなくなりますので
      ご家族様のために いっちょ頑張ってみてください!  ママヒーローになれます!

  2. Ot 137-1 より:

    ご指導ありがとうございました。
    新年一回目、美味しい天ぷらを食べられて幸せでした。たくさん頂きましたが翌朝の胃もたれもなかったです。
    天ぷらは水の料理と中川さんがおっしゃっていたのがすごく印象的でした。

    天ぷらのイメージが変わったところまではよかったのですが、いざ自分で揚げようとすると両手がもうワンセット欲しくなるくらい焦ってしまいました。復習はちょっと心配ですがまずは練習します。  

    麗可ちゃん、TAMOさん
    いつもサポートしていただきありがとうございます。講座に集中できるのもお二人のおかげだと改めて思いました。

    • nakagawa より:

      Otさん  コメントありがとうございます。
      楽しんでくださったようで嬉しいです。
      私が伝えたかったことを正しく忘れずに受け取ってくださったのが嬉しいです。
      やけどに注意して美味しい美味しい天ぷらを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。