鱧骨切り特訓講座の復習  Hoさん(3-3)

う〜〜ん なかなか難しそうですね。 2枚落としにしたらすこしリズムが出て2枚が薄くなるかと予測しましたが 余計に難しさがましたようです。
一番早く直さなければいけないのは刃の向きのばらつきです。 線で描きますと
こうなるわけです。どれか一本の角度で連続させていけば薄くしていけるはずです。
2枚落としでグローブを減らすことはできましたね。
次は薄さと角度の揃えです。一番大事な部分ですので心して練習しましょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おはる より:

    中川さん
    ご指導ありがとうございます。
    2枚落としの1枚目を打つ場所を定めることが難しく、
    リズムがでないのも、しょっちゅう左手を外してしまうためでした。
    角度という、達成すべき点をしっかり定めて練習します。

    • nakagawa より:

      おはるさん  コメントありがとうございます。
      左手も気になりましたが、右手の包丁をやたら持ち直すのも気になりました。
      間違いなくリズムの邪魔になる動作ですよね。
      1枚2枚にこだわらず自分でやりやすい練習方法で薄く均一に骨切りしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です