鱧骨切り特訓講座の復習  Hoさん(3-3)

退屈な一枚落としの練習ですが、これを真剣にやるかやらないかで後々の骨切り技術の向上に大きな差がでます。
よく似ているのは出し巻き練習のときに芯つくりばかりを徹底的にやったでしょう? あれと同じですね。 このあとの展開を想像して次に繋がる芯をスムーズに焼く。
一枚落としも同じです。
1枚切れたらかならず10枚切れるのです。 いまはその1枚を探している途中ですね。
早く何枚切っても同じ薄さに切れるように練習しましょう。
飽きるでしょうからたまに白焼き用に一箇所も皮を切らず1本骨切りする練習もしましょう。 途中で絶対に皮を切らない練習と必ず毎回皮を切る練習をするのです。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おはる より:

    中川さん
    合理的な方法をありがとうございます。
    その目的と効果が、練習の励みになります。
    実際に行っていることと「やってるはずな意識」が現実に一致
    した時の、スッキリした境地が楽しみです。

    • nakagawa より:

      おはるさん  コメントありがとうございます。
      いつもいろんな方向から自分を見ましょう。
      いつもいろんな方法で練習しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です