鱧骨切り特訓講座の復習  Kaさん(93-4)

上手に薄く切れるようになりましたね。 2本の10枚落としは皮の半分まで刃がおろせているので食べても骨チクはなかったでしょう。
3本目の尻もちの原因は3本目で集中力が弱まっているのと10枚では無く白焼き用に全つながりで骨切りするんだという力みが出て鱧おおしています。
全部つなげて打つときも自分の好きな回数でカウントのメリハリを入れればよいのです。
切り落とす動作はいれなくてもいいので100打ちではなく10打ち✕10回と打ちましょう。 リズムができて力みが弱くなります。
10枚落としをするとき、しっぽに向けて身の幅も厚さも小さくなってきたら13枚17枚20枚と数を増やしていくのです。 腹腔の部分との質量差を減らしておくのが目的です。 不公平がおきるでしょう? けんかにならないようにw


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 京子 より:

    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    全つながりの力みに納得です。
    切り離してはいけないという緊張感があったように感じます。
    リズムのことは頭の中にありつつも動画で確認すると全然できていない!ことに驚きました。

    ショット数の調整もご指導のようにやってみます。
    今朝もお料理の時の火通りのばらつきが気になっていました。

    • nakagawa より:

      京子さん コメントありがとうございます。
      はい リズムに乗って あとは何も覚えていないけど すごく上手く行った。
      これが無の境地 外人ならゾーンに入るって感じですかね。
      でも心地よいテンポだけは大事に。
      やってみましょう。 見ないで見るを理解する良いチャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です