鱧骨切り特訓講座の復習   Haさん(12-10)

もう少しで下処理合格に届きそうですね。 中骨すき取るのがうまく行けばOKです。
出刃の先ですき取らないようにしましょう。
骨切りは後半の長い方の包丁での骨切りのほうが良い音で力まずに打てています。
長い包丁買ってよかったですね。 きれいに打てています。


骨切りしてから焼くまでに身がしまってしまったのですね

グリラーで焼いていますよね? すこし焦げ過ぎです もっと茶色でとどめましょう


上手に棒寿司に押せています  付け焼きを研究しましょう


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ペロリ より:

    ご指導ありがとうございます。

    中骨のすき取りがんばります。

    骨切りは、力が抜けているのがよくわかりました。
    下ろして、骨きりから串を打って焼くタイミング考えます。
    つけ焼きは、グリラーで焼いていますが、今回は焼きすぎてしまいました。
    研究します。

    • nakagawa より:

      ペロリさん コメントありがとうございます。
      つけ焼きのコツは鱧の表面でタレと肉汁を煮詰めて定着させるというものです。
      焦げちゃうと味に障りますから注意しましょう。
      皮の収縮と串打ちの感覚が大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です