鱧骨切り特訓講座の復習  Haさん(12-10)

骨をすくのがまだすこし角度が解っていないようです。 寝かせると身にくいこみ、立たせると引っ掛かり、という感じですね。 今日のはすこし出刃の先を使いすぎていたので注意しましょう。
骨切りは竹上を見られていないように見えます。 大きな包丁で指をけがしないでくださいね。 おおごとになりますので。
刃先がつっかかったり尻もち着いて刃がつっかかったりするのは包丁の長さの不慣れなことと 調理台の高さが低すぎるように見えるのです。 一度チェックしてください。
 


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ペロリ より:

    ご指導ありがとうございます。

    中骨をすく時の包丁の角度気をつけます。
    今回は、厚底のサンダルを履いたのですが(高さ調節)元に戻します。
    「竹上を見る」も気をつけます。

    • nakagawa より:

      ペロリさん コメントありがとうございます。
      やはり調節されていたのですね。
      自然な高さで切らないと毎打微調節が必要になり、再現性が下がります。
      適正な高さで手前尻もちしてしまうときは力みで包丁を握りすぎているかもと疑ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です