鱧骨切り特訓講座の復習  Hoさん(3-3)

豚鼻がまだすこし怪しいですが だんだん速さが出てきましたね。  この調子で丁寧に速くを目指してください。

骨切りは1ページが厚いです。 もっと薄く薄く 猫手の抗いを強めて なかなか左に進まない状態を作りましょう。
これって以前にも言われていますよね 鱧以外でも。
ガガガと左に進まないように 薄く薄く切りましょう。

よく皮半分まで降りています あとは厚さだけです



カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おはる より:

    中川さん
    ご指導ありがとうございます。
    厚みばかりを気にしていました。次は猫手をしっかり意識します。
    深さも厚みも骨を切る感覚をもっと繊細に感じる必要を感じています。

    • nakagawa より:

      おはるさん コメントありがとうございます。
      いえいえ 厚さを気にするなら猫手でしょう。 包丁では調節はできません。
      桂剥きのときから同じなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です