鱧骨切り特訓講座の復習  Kaさん(93-4)

上手に速くおろせそうなのに豚鼻をギコギコしてわざわざ時間をかけています。
いかにいままで先が切れない出刃で練習してきたかと言うことですね。
「刃に仕事をさせる」練習でもある鱧骨切り特訓です 出刃と骨切りをつねにピンピンに砥いでおきましょう。 三徳がピンピンならきんぴらが最高に美味しくなったでしょう?
必ず結果がついてきますから頑張ってくださいね。
骨切りはよく骨が切れている音がしています あとは薄さを追求してください。
ゆっくりストロークしても良いのですから薄く切りやすいはずです。
そろそろ「下処理」を卒業しなければなりませんね。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 京子 より:

    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    豚鼻のところにかなり時間を使ってしまっています。
    お手本と動きを見比べて変な癖を修正します。

    包丁砥ぎ、なかなか練習時間を作れずにいますが絶対必要なので頑張ります!

    • nakagawa より:

      京子さん コメントありがとうございます。
      子育ても家事も忙しいあなたです。 無理をしないでくださいね。
      京都に来るときはかならず包丁持参で。
      私がメンテナンスチェックしますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です