鱧骨切り特訓講座の復習  Kuさん(100-2)

おろすのも丁寧に速くなってきました。 まだ6本目7本目ですから仕方がないのですが鱧の旬も駆け抜けるように過ぎ去っていきます。 後悔の無いように優先順位をきめて練習を重ねましょう。
骨切りはかなり上手になる要素を含んでいます。 上手くなるにはまず包丁砥ぎです。
画面いっぱいにユーチューブを再生しながら音も大音量で聞いていますので包丁砥ぎができていないといっぺんに判ってしまいます。
よーく包丁を砥いで鱧に挑みましょう。



カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. さとこ より:

    診ていただき、ありがとうございます。
    まな板チェックでツルツルしてしまうので、包丁をしっかり砥ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です