鱧骨切り特訓講座の復習  Niさん(98-1)

おろしのときの「自分でも気づいているもたつき感」は練習を重ねることでしか解決できません。 鱧シーズンの間にもたつき、まどろっこしさを無くしましょう。
骨切りは思い切りの良さがあなたの財産です。 皮の半分まで刃が降りているのがよくわかりますね。 あとは「厚み」です 頁の厚みが薄くなっていくにしたがって美味しさが増していきます。 そして今までの1尾で2尾分の練習ができるようになるのです。
自分で編集前の動画をよく見て何打しているかカウントしておきましょう。
中骨をすくときの骨に当たる刃の位置をもう2センチほど刃先に近づけてみましょう。
すこしRのついた部分ですいていけば良いでしょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. さなえ のコメント:
    中川さん
    診て頂きありがとうございます。
    アドバイス頂いたことに気をつけて引き続き練習していきます。
    ご指導ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です