桂剥き投稿2020 Seさん(129-1) 8

 

赤ペンはペンが自分の方に倒れる癖がありますので注意しましょう。
Air桂剥きは正しくなりましたね。 このまま同じフォームで大根を剥きましょう。
大根はせっかちさがなくなって素晴らしく良くなりました。
刃が仕事をしているのがわかるでしょう? それで良いのです。
左手親指が大根を回すときに右手親指に近づいて下がって来ないように注意しましょう。その力みと右脇の緊張感が逆パイロンを呼びます。
芯がまっすぐになったらいよいよヨコケンに進みますが刻みは大丈夫ですね。 これも刃に仕事をさせてストスト刃をおろせるようになっておきましょう。
刻みの動画をよく見てイメージングしておきましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 129-1めんでぃ のコメント:
    ご指導ありがとうございます。
    力まず、フォームを崩さずもっと薄く長く剥ける様に練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です