桂剥き投稿2020  Igさん(130-2)14

ご苦労さまです。 1さく30分越えというのは集中力の限界です。
薄く剥き始めると驚くほど時間がかかるように思えますが、上げる距離、送る距離を大きくしていくことで縦線と縦線の間を広くしていくこと「のみ」が剥く速さの高速化なのです。 決してピョコピョコせっかちに上げ下げしたり細かく送ったりしないでくださいね。それは急いでいることにはなりません。「急ぐのと慌てるのは違う」という言葉を これから高速化していくあなたに先に送っておきます。
良い芯が剥けています。
ゲソが出ていますが構いません。 ヨコケンですよね?
すごいです。 桂剥きを初めて半月すぎでぴら〜んができたのですから。 横線を2本けしてバナナの葉をなくしていきましょう。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. まりりん のコメント:
    はい、力んでいるので手も限界でした。
    早くしようとぴょこぴょこや細かく送る動きを練習してしまいそうでした。
    「急ぐのと慌てるのは違う」頭だけでなく体感できるようにしていきたいです。力を抜いて大きく上げ下げと送る練習をします。

    刻みはヨコケンのつもりでしたが、次回しっかり確認して刻みます。

    ぴら〜んの難しさ、痛感しております…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です