桂剥き投稿2020  Miさん(133-2) 2

包丁砥ぎはまだまだ押し付けすぎています。 包丁が傷だらけになる前にもっと力が抜けるようになりましょう。 包丁も砥石もあっという間に減ってしまいますので。
Air桂剥きは左手の位置が違いますね。もっと上を回します。
桂剥きは右手でグイグイ剥き進むので いつ刃が飛んで左親指を怪我するんじゃないかとヒヤヒヤします。 右手は大根に面圧を当てたまま上下するだけ。 そこに左手で大根を送り込むだけ。 これをAir桂剥きのときから練習してください。 怪我をする前に直しましょう。
刻みの画像はありますが動画が入っていませんでした。 どんなテンポでどんな角度でどんな音で刻んでいるのかを見せてくださいね。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です