桂剥き投稿2020 Seさん(129-1) 6

包丁砥ぎはだいぶ力を抑えられてきましたね。 砥石で砥がずに表面の泥で砥ぐ感覚を掴んでください。 あなたにはその感覚が必要です。
桂剥きはまだまだ力んでいます。上げる送るの基本の動きは理解されていますので頭の中と実際の手との差を縮めていく作業ですね。
上げるも送るも早すぎるので亀のように遅く、川の流れのように長く送りましょう。
芯が逆パイロンの上にさらに先端が弾丸型に細まるのは左手小指に大きな力みがある場合です。 逆パイロンは右手右脇の力みですね。  大根一本剥いたらかなり疲れるとおもいます。 もっと楽に剥きましょう。

こちらは富士山型(パイロン型)に芯が残りましたね。 逆パイロンよりもこちらのほうがマシです。 ゆっくり刃を上げていくようにすれば治ってきます。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 129-1めんでぃ のコメント:
    ご指導ありがとうございます。
    エアとリアルの差を無くし、力まずゆっくり進む練習をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です