桂剥き投稿2020  Aoさん(132-1)

赤ペンと砥石のときの手の動かし方が違いますね。 どちらかに揃えましょう。
砥石はバットの右端に置くようにお教えしました。 修正しましょう。
桂剥きになってきましたね。 包丁を持つ手に力みが在って右手で左に剥き進もうとするので薄く剥けずに怪我のリスクが大きいままです。
左手で送って剥くようにしましょう。 そうするともっともっと薄く剥けます。
まずは「マッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻む」を実現しましょう。

写真は今回のはサイズが小さすぎます。 玄米炊飯投稿 と同じですから横幅を1000ピクセルにリサイズしてお送りください。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. あおちゃん のコメント:
    砥石を右側に置くこと忘れていました。赤ペンと砥石の動かし方統一します。
    左手で送って剥くようにがんばってみます。まだまだ手を切る恐怖との戦いです。
    かつらむきになってきましたね。というお言葉を頂戴できて本当に元気が出ました。明日もがんばります。引き続きご指導よろしくお願いいたします。写真サイズを選ぶときに手があたってしまい小さいサイズで送ってしまいました。申し訳ありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です