桂剥き投稿2020  Seさん(129-1) 3

包丁砥ぎは力を入れて砥石にこすりつけすぎています。 黒い泥が出てこないですね。
そうして包丁の刃先が傷だらけで刃のラインが変わってしまうほど減っています。
桂剥きで使う根本近くの並行幅がなくなって行くのです。

 
 

桂剥きは面圧が理解できていないので厚く刃が食い込んでしまうので薄く長く剥けません。
面圧を当てる位置に意識を集中して薄く長く剥きましょう。
「マッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻む」これ以上厚く剥かないように自分に誓いを立てて練習します。  面圧の理解を下図に示しておきます。

DSC_1055

 


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 129-1めんでぃ のコメント:
    ご指導ありがとうございます。
    面圧を当てる位置、マッチ棒の厚さ、誓いを立てて練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です