鱧骨切り特訓講座の復習  Moさん(90-6)

包丁を不必要にギコギコするのは切れない包丁で練習をしているからです。 しっかり砥いで無駄な動きをなくさねば5分にはなりません。
1枚おろしができていないですねぇ。 薄い鱧の断面画像のような切り身がたくさんできなければならないのにつながっています。
そして問題は1本やってできなかったのに2本目は普通に骨切りをしようとしている姿勢です。 結局1枚おとしもほねきりも両方できないまま今日の練習が終わってしまいましたね。  できるまでやらないから次の段階に進めないのです。

 
 


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 壽乃 のコメント:
    包丁の砥ぎ、しっかりチェックします。
    次は一枚落としができるようになるまで練習します。

    ご指導ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です