鱧骨切り特訓講座の復習  Fuさん(26-3)

まぁ 動作がのんびりしていますねぇ。 もっと速く動きましょう。
次になにをするのか思い出しながらやる段階はとおに過ぎています。 いつまでゆっくりおろしているのでしょうか?  魚が悪くなってしまいますね。勢いが無い。
鮮魚を扱うときはもっとシャキシャキキビキビ動きましょう。 おどおどあわあわが一番味を落とすのです。
骨切りは左猫手への面圧が強くなって1枚1枚が薄くなりました。 あとは皮の半分まで刃をおろせるように思い切りが必要です。 これも速さなのです。 骨を斬る瞬間の速さが足りません。  こわごわでは骨は切れないのです。

 
 


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. みんみ のコメント:
    中川さん
    見てくださってありがとうございます。

    なかなか速くならずに申し訳ありません…
    鱧の鮮度に翻弄されて未だにおどおどしていました。
    スピードを第一に意識して練習します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です