鱧骨切り特訓講座の復習   Yaさん(91-2)

出刃を引くときに人差し指で出刃を引っ掛けて一体感を出しているようですが、出刃の先が皮近くまで差し込まれているかどうかはどの指でも感じないのはよろしくないですね。
出刃に引っ掛けるなら親指にしましょう。
骨切りはまな板のつなぎ目を気にせずに通過していますが、それは刃が皮の半分まで降りていないことの証明になってしまっています。
つなぎ目が来るなというすこし手前になったら一度止めてまな板に貼り直して始めましょう。
裏返した画像を見てもわかるようにもう少し刃を降ろしたほうが骨もよく切れるでしょう。 食べたときにとろけるような舌触りになるように。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. あみ のコメント:
    中川さん

    連日のお講座でお疲れのところ診て頂きありがとうございます。

    ご指摘頂いたポイントを次回はクリア出来るように特訓いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です