鱧骨切り特訓講座の復習   Yaさん(91-2)



なんとか投稿までこぎつけましたね。 教室のときより動きがスムーズに出来ていました。しっかり動画を見たのですね。良いことです。
まず、時間がかかったことの原因に不慣れなのは仕方が無いですが、出刃が切れ味悪すぎですね。 出刃先一寸。ここが命です。カミソリよりも切れるように砥いでおきましょう。
背骨をすき取るときに身がたくさん骨に取られるのは出刃を立てる勇気が足りないからです。寝かせば寝かせるほど下の身に刃が食い込んでもったいないことになります。
下の絵の角度が正解です。女は度胸、下腹に力を入れて一気にすき取りましょう。
肛門から下に血が回ったと書いていましたが、原因は2つ考えられます。
1.魚屋さんが首と尾の2箇所しめてくれなくて首だけだった。
2.2箇所しめてあったのだけど水洗いで腹腔末端の血合いを完全に取り除けていなかった。
どちらかでしょう。 チェックしておきましょう。
有次を見られていないので左手をズルっときりはがしてしまう可能性があります。美しい手を血で染めないように。有次を見て骨切りしましょう。

それから投稿画像のサイズです。 横幅640ピクセルで来ていました。
おそらくMacメールで添付画像のサイズを指定するときにプルダウンから「中」を選んだのだと思います。 ここは「大」なのです。
これは愛クラスや幸せコースで投稿を始めたころに指摘される指導です。
秘伝の今こんなことを指導されるということはいかにいままで投稿をしてこなかったか、私とキャッチボールをしてこなかったか。ということです。 実にもったいなかったと思いませんか?   もっと私を使いましょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. あみ のコメント:
    中川さん

    診て頂きありがとうございます。
    やっとスタートラインに立てました。
    投稿サイズ申し訳ありません。

    数々のご指摘をクリアできるように特訓します。
    まずは出刃庖丁を斬れ味抜群にしなければ…。

    中川さんに何でもきいてスキルアップいたします。
    宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です