桂剥き投稿2019   Isさん(120-2)



ついに面圧を理解できたようですね。包丁が乱れなくなってきました。 ペロリさんの投稿をしっかり見て学べたのは良かったですね。 もっと早くから学んでおけばよいのに。
自分でもがんこさんだったのが判るでしょう?
ウール玉もきれいになりましたが断面正方形になっていません。これは剥くのが厚いのでは無く、刻み幅が広いのです。 剥くのが厚い人は下の青色になります。 あなたのウール玉を見ると上の赤い方が多いでしょう?  刻みに問題ありですね。
左手で猫手を作って右から攻めてくる包丁に抗いますよね? これも包丁の面圧なのです。この抗いをうんと強くします。 いまはどんどん攻め込まれているのです。
だから刻み幅が広くなり上の赤い方が量産されるのです。
わかったかな? わからなかったらiMessageで質問してください。
やってみよう!
ひょっとしたら桂剥き美人に間に合うかもしれませんよ。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 友紀 のコメント:
    みていただき、ありがとうございます。
    刻み幅の問題、分かりやすく図示してくださったので理解できたと思います。おはるさんが最後に、おっしゃっていたことですね。
    やってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です