桂剥き投稿2019   Irさん(125-4)



包丁砥ぎは押す方はOKです 引く方がまだ少し押し付けるときがあるのでさらに浮かせて傷がなくなるまで砥ぎましょう。
桂剥きは刃を上げきった瞬間に面圧が解除されてパカっとなります改めて面圧を当て始めるときに縦線ができます。 これをなくすには? パカッを無くせばよいのです。
上げきった後も面圧をあてたまま下げ切るのです。ずっと面圧をあてたままというのをずっと言うてきたのはコレなのです。
刻みは上手です。 もっと左に進むのを遅くしましょう。刻み幅がもっと狭くなるでしょう。
ウール玉がピンぼけです。 肝心なところがピンぼけで後悔するようなことが無いように。魅せ場を大事に。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. かよこ のコメント:
    包丁砥ぎ、引く方が泥が出やすいのでできているのかと思っていました。引く方、見直します。面圧、ずっとあてたつもりではいるのですが、解除されているんですね。
    ウール玉ピンボケ気がつかず失礼しました。
    もう一度やり直します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です