桂剥き投稿2019  Naさん(124-1)

包丁砥ぎはOKです うまくなりました。 あとは豊かな泥が出る角度を探しましょう。手はブレなくなったので角度を見つけたらOKですね。
桂剥きはたまに右手親指の左側面が大根シートに触れるのが気になります。
これはおそらく右手甲を右上天井に向けるという意識の後遺症のようなものです。
左に剥き進む癖が直って完全に上下だけできるようになったので手の甲右上をすこし解除してやりましょう。 右手親指の指紋中心のセンサーがいきいきとするでしょう。
刻みはZ会も消えて良くなりました。

 
 


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ゆう のコメント:
    ありがとうございます。まだ裏がブレやすいのでまずはこれを基準に練習します。豊かな泥が出る角度はさらに精密な制御が必要なんですね。面白そうです。親指側面は確かにうっかりすると触れていました。これを直して無で剥き続けたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です