桂剥き投稿2019  Irさん(125-4)



包丁砥ぎのときに右手が下がって左手が上がるときがありますので注意です。
赤ペンが奥に倒れているのは気づいているかな?
桂剥きは上げきった上死点で面圧がパカっと解除されるのでぴら〜ん画像にあるたくさんの縦線が生まれます。
上げるときも下ろすときも面圧を欠けたままで剥きましょう。
刻み画像で判るのは包丁の切れ味がわるいということです。 正しくまな板チェックできているかな? 彼女Aにチェックしてもらいましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. かよこ のコメント:
    みていただきありがとうございます。
    包丁砥ぎ、右端をこするなと思っていました。赤ペンも倒れないよう気をつけます。
    桂剥き、面圧解除しないよう練習します。
    包丁砥ぎの技術習得急ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です