桂剥き投稿2019  Hoさん(3-3)

赤ペンのときも包丁砥ぎのときも上体が前後にスイングしていますね。これはだめです。
両肩から先だけで往復させましょう。
剥くときに刃が揺れなく(陽にねじる)なりましたね。 これで良いのです。
では次は「マッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む」を課題にしましょう。 絶対に厚さを揃えること。 揃わないときはまた「マッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻む」に戻ってやり直しましょう。
刻みはこれで大丈夫です キレ味をいつもピンピンに砥いでおきましょう。
丸刃、二枚刃にならないように。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. おはる のコメント:
    中川さん

    診ていただきありがとうございます。
    包丁のキレを維持するために
    体幹の安定身につけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です