桂剥き投稿2019  Irさん(125-4)



包丁砥ぎは包丁を砥石に押し付け過ぎています。 残酷な音がしていますね。
お教えしたとおり、刃を砥石に触れさせてはいけません。 表面にある水にだけ接触させて前後させましょう。
Air桂剥きはもっとテンポをゆっくりでも良いので上げると送るをシンクロさせて動かしましょう。 上げている間だけ紙をおくるのです。
大根は面圧を大事に。 刃を右手で左に進めないで、刃を大根に押し当てて上下させましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. かよこ のコメント:
    大根の薄さが上下で一定せず、何度も修正してしまいました。面圧が足りず安定していなかったのですね。気をつけます。
    包丁研ぎ押し付けないように練習します。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です