桂剥き投稿2019  Naさん(124-1)

包丁砥ぎは音がよくなって来ています。 正しくあてがえていればドロが出てくるはずなので動画に泥を写しましょう。 泥を滑る刃の音が録音できるように。
Air桂剥きは完璧ですね。 大根のときにAir桂剥きよりも刃を上げる速度が早いのでAir桂剥きよりもじっくり上げましょう。じっくり上げてたっぷり送る。 これです。
刻みはこの幅で良いので軽やかな音がするまで練習しましょう。
剥きはそろそろ「揃え」を意識する段階です。 つながるのは当たり前、芯がまっすぐなのも当たり前の段階に来ました。 次は同じ厚さで最初から最後まで剥ききることです。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ゆう のコメント:
    ありがとうございます。泥は少ししか出てないのでたっぷり出たところにのせていきます。色々注意する事が増えて頭と体が追いついていないので、慣れるまでリアル大根チェック項目を紙に貼って剥く前、刻む前に指差呼称してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です