桂剥き投稿2019  Isさん(120-2)



Air桂剥きはかなり正しくなりましたね。 大根のほうもサマになってきました。手の甲が刃先の正反対側を向いていますね? これは面圧を当てずに刃を左方向に進めてしまう持ち方で、実際そのように刃が動いています。
ステンレスと鋼の境目を大根の中心線に押し当てて 押し当てたまんま上下させます。その時手の甲は右上の天井を指しているはずです。

刻みが上手です リズミカルに同じ幅で刻み続けることができています。
剥く厚さをどんどん薄く均一にしていきましょう。

なんとかこの1枚の画像は診られましたが 他の画像は添付されていない状態です。
iMessageで残りの画像を送ってくだされば追加します。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 友紀 のコメント:
    見ていただき、ありがとうございます。
    画像の件は、お手数おかけしました。
    面圧とは、包丁全体を大根に押し当てるのではないのですね。どこかで勘違いをしていたようなので、修正します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です