桂剥き投稿2019  Naさん(124-1)



Air桂剥きと大根のときの差が出ています。 それは左手小指の力みです。 缶の硬さがあればそのまま弾いてしまう圧なのですが大根になると小指の圧が強い分下端が厚く剥けてしまいます。 結果、テーパーの他に葉巻型に細くなる(図の下の絵)のです。
裏4本指を一枚の板のように均等に大根に当てるようにしてください。
刻みが騒がしいのは大根の硬さに刃が負けており、それに勝とうと力で切り下ろしているのです。 包丁砥ぎでまな板チェックはできているはずなので切る対象物をすこし変更しましょう。厚さ5ミリ程度、奥行き5センチにして刻んでください。 サクサクストスト切れるようになるまでリサイズして刻む練習をしましょう。 「耳で切る」のです。


 


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ゆう のコメント:
    ありがとうございます。なるほど!左手は全く意識していませんでした。刻みは一枚をリサイズしてやってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です