桂剥き投稿2019  Irさん(125-4)



ある意味正確にAir桂剥きの動作がリアル大根に反映できています。 自分の動画をよく見てください。 あなたの視線に対して缶コーヒーや大根はどんな角度で回転していますか? てっぺんが奥に倒れていますよね? これが力みと逆パイロンになる原因の1つです。 あとは右脇を思い切り締めすぎているのも原因ですね。
すぐに直しましょう。

刻みは力づくで刻みすぎです あっという間に包丁が切れなくなります  大根を刻むだけで良いのです。 まな板を力打したって料理は少しも美味しくはなりません。
自分の使っているまな板をよーく見つめてみましょう。 あなたの力みの履歴がくっきり残っているはずです。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. かよこ のコメント:
    中川さん、診ていただきありがとうございます。大根の角度、気をつけます。右脇は気がつけばものすごく締めてしまっています。今日は改善できるよう取り組みます。
    刻みも力任せにならないよう意識します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です