桂剥き投稿2019  Kaさん(93-4)

刻みはこれで良いですね 直すところはありません。 薄く剥けるようになって重ねが分厚くなって来たときも同じように刃を落とすように刻めるように練習をしておきましょう。
大根剥きは刃を押し上げて面圧が解除された瞬間に大根が奥に急激にパタッと倒れます。
そしたまた上げ始めるという。 これでは絶対に同じ厚みに揃えては剥けません。
すぐに直しましょう。 下に証拠写真を貼っておきますね。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 京子 のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    そんな癖があったとは自覚がありませんでした。
    動画でどのくらいやらかしているのか確認してみます。

    刻みは刃が仕事をしている瞬間とそうでない時の違いをなんとなく感じます。
    基本ができていれば大根の厚みが変わっても刻めると肝に命じて練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です