桂剥き投稿2018  Niさん(117-3)

包丁砥ぎは片面の動画しかありませんでしたが、両面砥いでくださいね。


刃先が砥石の表面から浮いてしまってますね。これは包丁砥ぎにはなっていないのです。
おそらく切れ味が悪くなっていると思います。 刻みの音を聞いてもスパッと切れている音がしていません。
剥きは親指が尺取り虫になって親指と人差し指の股がゆるく、合谷の筋肉が使えていないので大根に対して包丁をまっすぐ面圧が当てられない状態です。 ですから結果として芯がパイロンや逆パイロンになるのです。チョークや象牙の印鑑のような芯がのこるのが理想です。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です