桂剥き投稿2018  Isさん(116-3)

桂剥きに力が入って包丁を深く強く握り込んでいる上に親指が尺取り虫になって合谷の筋肉を使えていないので逆パイロンになります。
まずは力みを取って尺取り虫直しましょう。 握った小鳥を殺さないような力加減で包丁を持ちましょう。
刻みは腕が身体に近すぎです。 右肩の前で刻みましょう。 右胸の前で刻まないようにして懐を確保して刻みます。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ナッパ のコメント:
    ありがとうございます。
    すぐに練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です