桂剥き投稿2018  Fuさん(37-7)

包丁砥ぎはもう少しで浮かせる感覚が出てくるかもしれません。 刃先の丸刃がなくなったとき、あなたの包丁はすごく切れ味が増します。急にましますのでお楽しみに。
桂剥きは可愛い妨害者さんに心揺らされずによく最後まで剥けています。
練習時間のやりくりをして一人で集中できるほうがもっと薄く剥けますのでいろいろ試しましょう。
ウール玉が乱れるのは刻みに原因があります。 包丁を軽く持てているのはOKなのですが、左猫手への面圧が弱すぎるので毎打刃が降りる角度が微妙に違うのです。
伝わるかな? 有次の見え方が打つたびにわずかに違うといえばつたわるかな?
もう少し猫手への面圧を強めて刃の角度を精密機械のように一定にしましょう。
断面正方形の世界はもうすぐです。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 菜花 のコメント:
    中川さん

    診て下さりありがとうございます。

    集中できる練習時間の捻出方法を、工夫致します。

    包丁砥ぎは、少し光が見えてきたように感じるので、切れ味の増す瞬間をワクワクしながら引き続き練習致します。

    桂剥き、刻みともに精度を高められるよう、もっと練習致します。
    刻みへのご指導は、鱧の骨切りと同じなのだな〜と、すべて繋がっていると改めて感じました。

    今日も力子と尺取り虫撲滅で練習致します。

    ご指導をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です