桂剥き投稿2017   Niさん(98-1)

砥ぎはふと軽くなって残酷音が弱くなるときがありますね。あれはじつは包丁が寝て、「有次」のロゴのあたりをこすって居るときの音なのです。 そうすると泥に乗っているかの錯覚を起こしてしまいます。 よーく包丁表面の傷を観察しましょう。 正しく泥で砥げると鋼の部分に着いたヘアラインの傷が消えてつるつるになります。
刻みは包丁の握りが強くて手首が硬いです。 特に今日は剥きも刻みも思い切り力んでいますね。 刃に仕事をさせられていません。 一歩前進2歩後退といったところですね。
断面正方形を強く意識して、断面正方形にするにはどう刻めば良いのか、どう剥けば良いのか、どう砥げばよいのか? 逆回しのように原因を考えて解決しましょう。



断面正方形ができていませんねぇ 強いアーチを描く断面正方形を実現しましょう


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. さなえ のコメント:
    中川さん

    みていただきありがとうございます。
    原因を考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です