桂剥き投稿2017   Hoさん(100-1)

砥ぐときの右手親指の位置が違いますね。 ここに置いて砥ぐと人差し指が効いてしまい包丁は寝てきます。寝るとどうなるかというとピカピカの面積がどんどん減ってすりガラスのようになり刃先は泥に触れずに切れ味の向上が見られなくなるのです。
青い丸で示しておきました。
剥きで逆パイロンになるのは包丁を深く握り込んで強く握ってしまうことが原因です。
小鳥死にまくりですよねw 深く握り込むと前腕と包丁でできるライ角という角度が大きくなってしまい、大根の下部に強く圧力がかかって逆パイロンになるのです。
わかるかな? わからないときはiMessageでご質問ください。
刻みは軽やかに7打ちで刻めています 問題なしです。



カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. じゅんじゅん のコメント:
    中川さん

    砥ぎのときの指の位置、注意します。
    ライ角のこと確認させてください。
    ご指導ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です