桂剥き投稿2017   Suさん(62-4)

右手親指はゴシゴシする位置より遠く離れて大根の上をごしごししていますね。 修正しましょう。
いろいろ考えながら、あーでもないこーでもないと微調整を繰り返していますねぇ。 そうしてどんどん枝葉末節の微調節を同時にこなすことで「均一」からは遠ざかっていくのです。 まずはシンプルに。包丁は大根に押し当てて上下させるだけ。 これが出来るようになりましょう。 かっこよく薄くバウムクーヘンのようなロールを剝くんだ!と理想は高いのですが先を見すぎです。 均等に面圧を当てて上下させる。これだけなら今すぐにでもできるはずです。 でも初日からこれだけ時間がたってもできない。 それは一度に全部やろうとしてどれもできない悪循環にいるのです。

 
 


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. YOCO のコメント:
    中川さん、こんばんは。

    ご指導ありがとうございます。

    おっしゃるとおりですね。

    シンプルに徹し大根と包丁に向き合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です