桂剥き投稿2017   Hoさん(100-1)

赤ペンは奥にいくとペンが奥に倒れていますね。 これはは先に泥が触れずに包丁に傷が増えていく傾向にあります。

ほーら、やっぱり。 赤線から刃先までしか傷はついてはいけません。 赤ペンでわかるあなたの手の癖が結果に出ています。  まな板チェックに合格しないのもこのせいでしょう。
左手の親指で大根を圧縮して押し込んでいます。 だから大根の中央に透明な太いヨコセンが入るのです。 この透明な部分は細胞が押しつぶされているのでケンには使えません。
横線が入らないようにうら4本指で大根を送りましょう。
刻みは右腕が身体に近すぎますね。右のお乳の前で刻んでいます。
懐をゆったりとって、右肘から刃先までをまっすぐ1直線に伸ばして刻みましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. じゅんじゅん のコメント:
    中川さん
    ご指導ありがとうございます。
    ご指摘いただいた包丁研ぎ、桂剥き、刻み、動画で確認するとはっきりわかります。
    まな板チェックに合格する、4本指で大根を送る、45度の角度で刻むを課題にして桂剥き続けます。
    これからもご指導お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です