桂剥き投稿2017   Suさん(102-1)

出だしからマッチ棒の厚さより厚いですよね? どんどん食い込んでいきます。
これは面圧を刃先であてているからです。 言いましたよね? 鋼とステンレスの境目を大根に押し当てるのです。 それをAir桂剥きからもずっと意識して練習しないと食い込みます。
この絵がよく登場しますねぇ(笑)  みんな食い込みまくり

マッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻むを徹底的に均一に剥くように練習しましょう。
刻みは良い角度で刻めています。 マッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻むようになるともっと軽やかな癒される音がしてきます。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 102-1 Su(苑) のコメント:
    ありがとうございます。
    面圧の場所・マッチ棒の厚さ、意識します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です